アトピーと赤ちゃん

〜赤ちゃんのアトピーには保湿と殺菌〜

現在、最も多い赤ちゃんのアトピー

▼赤ちゃんのアトピーの症状

アトピーの症状は年齢によって違います。それは年齢によって皮脂の分泌が異なるためで、生後2〜3カ月ごろから1才ごろまでの赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、顔や頭、耳などにジクジクとした湿疹が出ます。これらの症状は脂漏性湿疹とよく似ていますが、アトピー性皮膚炎の場合は、ひじや足首などの関節の部分に湿疹が出たり、耳切れといって耳のつけ根がただれて切れたような症状が、特徴的です。 2〜10才ごろは、手足の関節の内側や首、耳たぶなどにカサカサと乾燥した鳥肌のような湿疹が出ます。この時期のアトピー性皮膚炎を幼小児アトピー性皮膚炎といいます。  また季節の影響も受けます。夏場は皮膚の化膿や汗、虫刺されによる刺激でジクジクしやすく、冬場は空気の乾燥によって、カサカサし、かゆみも強くなります。アトピー性皮膚炎の場合、特に冬場に悪化することが多いようです。

赤ちゃん