アトピーと水治療

〜アトピーの皮膚再生?〜

悪化を抑制する3つのキーワード

@消毒、殺菌 A皮膚再生 B保湿

▼皮膚再生

強酸性水には殺菌作用のほかに、肌を再生する働きがあります。その為、老人の床ズレなどなかなか治らなかったものでも強酸性水を塗るだけで皮膚が再生され塞がっていきます。さらに医療機関でも事故などによる消毒や、水虫の治療にも使われています。この肌を保湿し、再生させることこそがアトピーの治療に最適なのです。

▼強酸性水とは?

ではそもそも強酸性水とは何でしょう?
水は人にとってなくてはならない食料のひとつです。昔から人は井戸水や川の水を飲んで暮らしていました。しかし、工業の発展からその水に変化が起きてきました。
そのことにより、様々な病気が発生したのです。戦後特に流行ったのがコレラや赤痢、この病気に罹ると死にいたる恐ろしい病気です。これらの病気は井戸水などによる飲み水が原因でした。そこで、飲み水に塩素を入れ感染病を止めたのがマッカーサーでした。
塩素には細菌を殺菌する力があるのです。現在もなお、水道水に塩素が入っています。しかし、塩素と聞くと何か悪い物のような気がしませんか?
これは大きな勘違いです。塩素が入ってなければ人は様々な感染病に侵されるのです。世間で一般的に塩素が悪いと言われているのは塩素と工場排水による、有害化学物質、重金属、フミン酸や家庭排水などが河川やダムに流れ込みます。これらが水道水に含まれる塩素と結合して有害塩素トリハロメタン(発ガン性物質)になるのです。このトリハロメタンが癌を引き起こす有害物質になるのです。
強酸性水を作る場合、このトリハロメタンはフィルターによって取り除かれますので、安心して使用することが出来ます。