乳児のアレルギーと食べ物

〜アレルギーと食べ物〜

▼十分火をとおして調理しよう

食物は生のままより加熱したほうが消化されやすくなり、
抗原性が弱まります。
調理時間は長めにしたほうが良いでしょう。

野菜の下ごしらえは電子レンジが便利ですが、かゆみを
増す物質を含んでいる野菜(ほうれん草、たけのこ、きゅう
り、イチゴ、りんご等)では、その物質がそのまま残ってしま
います。この物質は、水に溶けるので、調理法としては、
ゆでたほうが、アトピー性皮膚炎の方には適しています。
消化機能が未発達な子供には、圧力釜を使ってやわらかくしてしまうのも、消化を促進し、抗原性を低くする良い方法です。

また、最近加工食品が多くなってきています。食品添加物がアレルゲンになることは無いのですが、蓄積されるとアレルギーに過敏になる可能性があるのです。加工食品の摂取は控えめにしましょう。