乳児のアレルギーと食べ物

〜アレルギーと食べ物〜

▼アトピーにかかる子供が多いのはなぜ?

アトピーにかかる子供は約3割以上いるといわれています。

なぜ子供たちはアトピーにかかりやすいのでしょうか?

それは子供のアトピーの主な原因は食べ物からくるものだからです。
子供は消化器官が未発達なため、食物に含まれるたんぱく質が十分に分解されず、体が異物と判断してしまい、それに対して体が反応してしまいます。
アトピーの子供は、たんぱく質の摂りすぎには注意が必要になってきます。
では、どのような食べ物がアトピーに結びつきやすいのでしょうか?

卵、牛乳、小麦、そば、えび、ピーナッツ、ヨーグルト等があげられ、ほとんどが、たんぱく質を含む食べ物がこの原因として考えられます。
ということは、ほとんどの食べ物が原因として考えられます。
食べ物は体に栄養を与えてくれる良いものでもあるのですが、摂りすぎには十分な注意が必要になってくるのです。  
また、たんぱく質以外でも、同じ食べ物ばかり、繰り返し食べていると、どんな食べ物でも、アレルギーの原因となりますので、バランスの良い食べ方を心がけるようにしていきましょう!!