アトピーと治療

〜治療について〜

▼原因・悪化因子の検索と対策

アトピーの原因になったり、症状を悪化させたりするものには、ダニや埃、花粉、ペットの毛、植物、細菌、ストレス等多くの因子があり、どの因子が一番かかわっているかは、それぞれの患者さんで異なります。そこで患者さんごとに何が原因適切な検査を行なって把握し除去出来る物は日常生活に無理が生じない程度に除去した方が良い。検査としてはアレルギーの血液検査が一般的に多いです。

▼スキンケア(皮膚のバリア機能の補正)

一日2回保湿剤を皮膚全体に塗るわけですが、二つの目的があります。まず一つ目は保湿剤を塗って、皮膚をしっとりとさせ皮膚の痒みを止める為に塗ります。二つ目は皮膚のバリア機能の補正の為に保湿剤を塗ります。保湿剤は角質層に染み込んで水分を呼び寄せて結合し、そこに水分を留まらせる作用があります。失われた皮脂を補い、角質層の表面に皮膜を作って水分の蒸発を防いだり、細菌やウイルス、その他のアレルゲンが外から体内に侵入してくのを防いだりする働き(バリア機能)もあります。

▼薬物療法

アトピーの薬物治療で用いられる薬には、皮膚の乾燥を改善する為の『保湿剤』、皮膚の炎症を抑える為の『ステロイド外用薬』があります。