アトピーとスキンケアオイル

〜天然の保湿剤には?〜

▼この季節の乾燥にはしっかりしたスキンケアが大切

秋から冬にかけての時期、空気は乾燥してきます。
肌の乾燥は、アトピーの悪化を引き起こす原因です。
アトピーの肌は乾燥すると、皮膚のバリア機能も弱り、さらに痒みが酷い状態になるからです。
また、この時期は暖房により、空気をさらに乾燥させてしまうようになります。
加湿器をつけるにしても、加湿しすぎると、アレルゲンのダニやカビが繁殖しやすくなるため、アレルギー症状の悪化を引き起こしてしまうのです。

暖房を付けっぱなしにせず、暖房を控えめにすることも大切になってきます。

では、乾燥から肌を守るにはどうすればいいのでしょうか?
入浴剤で十分な潤いを肌に補ったり、お風呂上りや乾燥が気になるときには、保湿オイルを塗るなどの毎日のしっかりしたスキンケアがて必要になります。

▼天然のスキンケアオイル「椿油」

乾燥を防ぐのに必要なのは肌バリアを強化すること。
トラブルのある肌はカサカサしていて乾燥している状態です。乾燥した肌は紫外線や雑菌の影響を受けやすくなります。人の肌はこの厚さ0.1mmにも満たない薄い膜によって守られているのです。このバリア機能が弱まると、洗剤等で手荒れを起したり、シャンプーや化粧品にもかぶれやすくなるのです。椿油は国産ヤブ椿の種子を使い作られ、さらさらとした天然油です。そもそも椿油は、人の皮脂に最も近い天然植物オイル。なので肌に負担もなく、皮脂と混ざりしっかり保湿してくれ、肌のバリア機能を高めます。高精製でサラサラのオイルですと伸びも良く、肌にスーっと馴染み、らベタ付かず全身に心地よくお使い頂けます。

▼使用方法

■椿油の特徴
 1、殺菌効果 2,保湿作用

■用 途
 乾燥肌、敏感肌の保湿オイルとして

■その他
 にきび、髪、つめをきれいに