アトピー用語集

〜ビタミンB1〜

▼ビタミンB1

ビタミンB1とは、人間の体内ではつくられない水溶性の栄養素の1つであり、ごはんやパン、砂糖などの糖質を分解する酵素を助け、エネルギーに変えていく作用がある。
ビタミンB1は、食べ物やサプリメントでとる必要があり、食べ物では豚肉やうなぎ・玄米・小麦胚芽・卵黄・ピーナッツ・ゴマなどに含まれています。
ビタミンB1が不足すると、ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなったり、疲れやすくなったり、手足のしびれ、むくみ、動悸などといった症状が現れます。また糖質は、脳や神経のエネルギー源でもあるため、糖質だけではなくビタミンB1も不足すると、集中力がなくなったり、イライラが起こったりします。
乳酸などは、いわば糖質の不完全燃焼物質なので、代謝を高め筋肉や細胞の働きを元気にするために、ストレスにさらされる機会の多い現代人には、特に重要なビタミンです。体内に貯めておくことができないため、毎日摂ることが大事です。