アトピー用語集

〜ビタミンD〜

▼ビタミンD

ビタミンDはビタミンの一種で、油脂に溶ける脂溶性ビタミンに分類されます。他のビタミンとは異なり、食物から摂るだけでなく、日光を浴びることにより、体内でも生成されるのです。このビタミンDは、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨と歯をつくる働きがあります。 妊娠・授乳期、更年期の女性は特に、摂取する必要があるので意識しましょう。 豊富に含む食品は比較的限られており、魚介類、卵類、きのこ類などです。なかでも魚介類は、他の食品に比べて、多くのビタミンDを含んでいます。不足すると、いくらカルシウムをとっても吸収が上手くいかず、発育不全や骨粗しょう症などの原因につながるので注意が必要ですが、摂りすぎると高カルシウム血症などの過剰症をまねくおそれがありますので、適量を摂取しましょう。