アトピー用語集

〜ヒアルロン酸〜

▼ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともと人間の皮膚内にある天然保湿成分であり、皮膚の細胞と細胞の間にあるネバネバしたムコ多糖類です。
1グラムで6リットルの保水能力があるとも言われており、体内の水分調整を行なっております。これは、若いときほどその量は多く、加齢とともに減少するのです。
主に、「鮫の軟骨」「豚足」「鶏の鶏冠(とさか)」に多く含まれています。
ヒアルロン酸が不足してしまうと、肌の保湿能力が低下しはじめ、水分が体外へ排出されやすくなり、徐々に肌が乾燥し荒れてしまうだけでなく、細胞組織に栄養素が届けられなくなり内蔵疾患を誘発する恐れもあるのです。