アトピー用語集

〜黄色ブドウ球菌〜

▼黄色ブドウ球菌

その名のとおり、大部分の菌株が、クリーム色〜黄色をしており、ぶどうの房のように連なった菌蒐を形成する球菌です。
人間や動物の皮膚や粘膜に存在し、化膿した傷、皮膚、ニキビ、喉や鼻の中、毛髪などに存在します。健康な肌の人ではこの菌を持っているという数値が低いのですが、アトピーの人は、数値が高いとされていて、最近では、アトピーの症状を悪化させている原因のひとつともいわれています。
またその他にも、食中毒の原因の一つともされています。